万年筆レビュー

BBの極太ペン先が気持ちいい ペリカン M205 DUO ハイライターを黒インクで使用する

更新日:

スーべレーン M400 緑縞透明軸のM205 デモンストレーターを使うようになってから、すっかりお気に入りになったペリカンの万年筆。

ともに、インクフローがたっぷり、ペン先がとてもしなやかで文字が書きやすい。何より、ペン先のペリカンのロゴがとても可愛い。

万年筆を使いはじめた当初は、システム手帳に小さな文字を書くために使ってましたが、ここ最近ではA4用紙にも書くようになりました。

いろんな考えを書き出すときや、ブログや動画の構成・下書きをまとめる時にヌルヌルと出てくるインクがとても心地よく、書くことにものすごく集中できるようになりました

ただ、システム手帳なら細い文字がぴったりですが、A4など大きめの紙にバババーっと考えを書き出す時には、ちょっと文字が細くて見にくい。

というわけで、極太のBBのペン先を味わえる『ペリカン M205 DUO イエローハイライター 』を買ってみました。

ペン先の太さの種類はいくつある?

自分が使ってる手帳やノートに合わせて、一番書きやすい太さや硬さを選べるのも万年筆の大きな醍醐味のひとつです。

以下の写真は、パイロットの分厚い冊子に掲載されてたものです。文房具屋さんでよく見かける文字の太さの説明ですね。

万年筆のペン先 パイロット
日本のパイロットのペン先はかなり充実してまして、全部で15種類のペン先を選ぶことができます。

一般的なものとして「EF<F<M<B<BB」の5つがありますが、パイロットではペン先が柔らかいものや、トメ・ハネ・ハライを表現できる毛筆のようなFA(フォルカン)、楽譜用のMS(ミュージック)、特太字のC(コース)など、ちょっと変わったものもラインナップされてます。

各メーカーとも、オリジナルのペン先をたくさんリリースしてるので、お気に入りのメーカーのものを調べてみると新たな発見があるかも。

ペリカンのBBは高級モデルにしかない?

今回は、大きな紙に太字で文字を書きたかったので、BB(極太字)を考えてましたが、同じBBでも日本のものより海外メーカーの方が太いので、今回は海外メーカー「ペリカン」でBBがある万年筆を探しました。

ただ、調べてみるとBBのペン先は、スーべレーンシリーズのM400・M800・M805・M1000といった高級モデルにしかありません。

使ってみたこともないBBサイズを試し書きもせず買う勇気はなかったので、どうしようかなーと思って調べてた時に見つけたのが、ハイライターの『M205 DUO シャイニーイエロー』。

黄色いインクが付属している、注釈を書いたりラインを引くためのハイライターなのでペン先は極太字のBBしかありません。

別にこのハイライター付属のインクしか使えないわけではないし、価格も1万円ちょっとだったのでソッコーで注文してみました。

M205 DUO シャイニーイエロー

M205 DUO シャイニーイエロー
これが外箱。いつものペリカンの万年筆とは違うパッケージです。

M205 DUO シャイニーイエロー 箱の中身
箱を開けると、万年筆とインクがセットになって入ってました。パッケージがなんともおしゃれ。黄色ずきにはたまりません。

M205 DUO シャイニーイエローの万年筆
手書き風の文字で「perfect」って書いてありますね。プリントした文字に手書きでラインを引いたようなデザインがとてもいい感じ。

ハイライターのインクが付属
黄色のハイライター専用のインクが付属してます。内容量は30g。

この蛍光インクはM205 DUO専用のインクなので、ほかの万年筆や筆記用具で使うとインクが固まって詰まったりなど不具合が発生する可能性があります。

M205 DUO シャイニーイエロー
ちなみに、このM205 DUO シャイニーイエローは、2010年に国内1200本限定で発売され、2016年3月に再び国内1200本の限定で販売されたもの。

なくなり次第終了なので、在庫がある今のうちのゲットしておきました。

緑のシャイニーグリーンもあるのでお好みでどうぞ。こちらも限定です。

主な仕様はこちら。

  • メーカー:ペリカン
  • 商品名:クラシック M205 DUO シャイニーイエロー
  • 機構:吸入式
  • ニブ:BBのみ
  • ペン先素材:ステンレス
  • 軸:透明軸
  • 備考:国内1200本限定、ハイライターインク付き

極太字の玉のようなペンポイントが特徴

M205 DUOのペン先
これがM205 DUOのペン先。BBニブの玉のようなペンポイントが特徴的です。

ペリカン EFニブとBBニブの比較
上の緑の文字が先日紹介した、M205 デモンストレーター EFニブで書いたもの。

下の黒い文字がM205 DUOのものです。ハイライター付属のインクは使わずに、プラチナ万年筆のブラックインクを入れて使ってます。

ハイライター付属のインクは、ほかの万年筆には使えませんが、M205 DUOの万年筆自体はほかのインクを入れて使っても問題ありません

書き心地は、ペリカンだけあってステンレスのペン先でもとても滑らか。ルーペでペン先を確認しましたが、特に大きなズレもなく快適にインクが出てきてくれてます。インクフローも上々。

文字幅はBBだけあってかなり太いです。5mm方眼のひとマスに漢字を書くのは難しいですね。

ただ、大きな紙に書く時には滑らかにガーッと大きくかけます。読み返す時も読みやすい大きさと太さの文字を書くことができます。これ、かなり気に入りました。

M205 DUO BBとEF
ペンポイントの大きさ比較。左が、今回購入したBBニブで、右がデモンストレーターのEFニブです。

M205 DUO BBとEF
玉の大きさが全然違う(笑)。こうやって比較してみると、BBがいかに大きなペン先かが分かりますね。

M205 DUO BBとEF キャップ内部に水滴
前回紹介したデモンストレーターのキャップ内(上)には水滴がついてます。

これ、キャップがしっかり締まってる証拠なんですが、下のイエローの方は水滴がついてません。

かといってインクが急激に乾きやすいわけでもないので、そんなに気にはしてません。個体差があるんですね。

ともにデモンストレーターで内部構造がはっきり見えます。インクの減り具合も一瞬で分かるし、インクの色も楽しめるので、黒インクの次は赤系の色を入れて楽しんでみようかな。

まとめ 太いペン先が好きになりました

購入から1ヶ月半ほど経過してますが、付属してた蛍光イエローのインクはまだ使ってません。

毎日、黒のインクを入れてブログの構成・下書きや仕事内容の整理・書き出しでガンガン使ってます。

単純に、ペリカンのBBペン先を体験したいために購入してみたんですが、大きいノートに考えてることをバーっと書き出せるのがとても快適。

これまでは、万年筆は手帳用にEFやFの細字を使うことが多かったんですが、太い文字とたっぷりのインクでぬらぬらと書くことの快感をおぼえてしまいました。

これは完全に癖になります。

細字のカリカリとした書き心地もいいですが、太字でぬらぬらと書くのがこんなに気持ちいいとは思ってもみませんでした。

まだ細字しか使ったことがない方、ぜひ一度、B以上の太字の万年筆を使ってみてください。癖になること、間違いないですよ。

-万年筆レビュー
-

Copyright© 万年筆愛好家 , 2019 All Rights Reserved.