メンテナンス・調整

インクのかすれも心配なし!プラチナ万年筆のサポートは素晴らしかった!

更新日:

1本目を購入してから好きになったプラチナ万年筆。

  • 手帳にも細かく書き込める極細のペン先
  • 細いにも関わらず心地よい書き味
  • 2年間もインクが乾かないスリップシール機構

がとても気に入ったので、立て続けにそのあと3本も追加購入しました。

2年間もインクが乾かない『#3776 センチュリー』で本格的な万年筆生活が始まりました

ところが、そのうちの1本がどうもほかのものより書き味が悪い。

ペン先はSF(細軟)。ほかの3本と同じ筆圧でサーっと軽く書いた時に、インクがかすれるんです。

万年筆初心者だったし、ちょっと筆圧を強くすると普通に書けるので、そんなもんなのかなと最初はあまり気にしてませんでしたが、毎日使ってるとどうしても気になってくるんですよね。

近所の文房具屋さんで購入したのならすぐ持って行って交換してもらうところですが、Amazonで購入したのでそうもいかない。

というわけで、プラチナ万年筆のお客様相談係に電話してみました。

プラチナ万年筆のお客様相談係との電話の内容

プラチナ万年筆のホームページを確認すると、「お問い合わせ」の一番上に「お客様相談係」の連絡先が書かれてます。

プラチナ万年筆 お問い合わせ先

フリーダイヤルの番号も書かれているので、早速電話してみました。

※対応時間は、祝祭日を除く月曜日から金曜日の午前9時から午後5時まで。

  1. 万年筆をAmazonで購入したこと
  2. インクがかすれること

この2点を担当の方に伝えました。

特に2のインクがかすれる症状については、口頭で詳しく説明しました。

すると、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんというお詫びの言葉とともに、郵送での修理を行ってくれるとのことで、以下の指示を頂きました。

  • ティッシュ2〜3枚で万年筆を包んで封筒に入れる
  • 封筒には120円切手を貼る
  • 不具合点と住所・氏名・電話番号をメモに書いて同封すること
  • 商品の送付先住所

プラチナ万年筆に送った封筒の中身

というわけで、早速、家にあった長型40号の封筒に、

  1. ティッシュじゃ心もとなかったのでプチプチに包んだ万年筆
  2. 不具合の症状と住所・氏名・電話番号を書いたメモ
  3. プラチナ万年筆の保証書
  4. Amazonで購入した時の領収書をプリントアウトしたもの

上記4点を入れて発送しました。

万年筆に入れたインクは抜かずにそのままで送りました。

あと、120円切手を封筒に貼る代わりに、返信時に120円切手を同封して送ってくれるとのこと。

保証期間内だったからなのかは不明ですが、症状がひどくない限りは基本的に無料で修理・調整してくれるようです。

17日ぶりに修理から戻ってきた!

電話の時には大体2週間ほど時間がかかるということでした。

なので、2週間を過ぎたあたりからちょっとそわそわ。

3週間過ぎたらもう一度電話してみようと思ってたところ、17日目にプラチナ万年筆の封筒がポストに入ってました。

プラチナ万年筆から届いた封筒
万年筆で書かれた宛名と住所。

封筒の右下にはプラチナ万年筆のロゴがあったので、すぐ分かりました。

修理品の封筒の中身
これが入ってた中身。

お手紙が1通と、プチプチと箱に包まれた万年筆と、120円切手が入ってました。

お手紙の内容
お手紙の内容はこちら。とても丁寧な文章で好感が持てます。

手書きで、「今回の修理内容ですが、ペン先調整を行いました」と書かれてました。

修理から帰ってきたセンチュリーのSFニブ
早速、プチプチと箱を開けて、17日ぶりに#3776 センチュリー ブラックインブラックのSFとご対面。

ローレルグリーンもいいけど、ブラックインブラックもやっぱりかっこいいですねぇ。

早速、ドキドキしながらキャップを開けて試し書き。

書いた瞬間から全く違いました!

インクぬ〜るぬる。かすれが一切無くなってました!

軽く万年筆の自重だけで書いてもかすれないし、文句のない出来上がりでした。

プラチナ万年筆 調整の値段と期間まとめ

今回は、購入直後にインクがかすれた#3776 センチュリーのSFニブを郵送で送りました。

送付時に120円の切手代は必要ですが、返信時に120円の切手が同封されてたので、今回は無料でした。

期間については、電話の時は2週間とのことでしたが、実際には封筒の投函から自宅に届くまで17日かかりました。

修理の状況によっては、早くなったり遅くなったりすることがあると思うので、電話で聞いてみてください。

今回は保証期間内でしたが、保証期間が過ぎたものでも対応はしてくれると思います。

ただし、料金がかかるかもしれませんので、保証期間外の場合は事前に電話でご確認を。

プラチナ万年筆ならネットで購入しても安心

万年筆は、個体差があるため実際に試し書きして購入するのが一番です。

ただ、最近はネットでの買い物が主流になってきてるので、店舗まで足を運ぶのを面倒に感じてしまう自分がいます。

今回も、面倒くさがりな性格が災いしてプラチナ万年筆のサポートにお世話になることになったんですが、逆に、ネットで購入したものでも、ここまでメーカーの対応がしっかりしてれば安心だということを肌で感じることができました。

初めての金ペン先をどれにしようかとお悩みの方でも、サポートがしっかりしてるプラチナ万年筆なら安心して買えますね。

キャップリングのデザインが古い旧モデルのセンチュリーなら8千円ほどで購入可能です。在庫がある今が狙い目かもですよ。

旧モデルの型番は「PNB-10000」。新モデルの型番は「PNB-13000」です。

→ Amazonで旧モデルのセンチュリーを探す

-メンテナンス・調整
-

Copyright© 万年筆愛好家 , 2019 All Rights Reserved.